米大統領、財政赤字削減の協議に直接関与へ-増税めぐり交渉難航で

オバマ米大統領は、財政赤字削減 に取り組む超党派グループの協議に直接関与する公算だ。カーニー大 統領報道官が明らかにした。バイデン副大統領率いる同グループの協 議が暗礁に乗り上げているからだ。

同グループのメンバーである共和党のエリック・キャンター下院 院内総務(バージニア州)とジョン・カイル上院議員(共和、アリゾ ナ州)は、増税をめぐる交渉の「行き詰まり」を理由に、23日の会合 を欠席した。両議員はオバマ大統領に交渉を主導するよう求めた。

両議員の行動は民主党議員の多くにとって予想外の展開。バイデ ン副大統領主導の協議が増税をめぐって破綻しかねない可能性が高ま った。共和党側は、法定債務上限14兆3000億ドル(約1150兆円)の 引き上げに合意する条件として政府支出の大幅削減を主張するととも に、増税に反対している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE