ギリシャは返済能力欠如、システム全体に汚染拡大も-エラリアン氏

ギリシャ危機解決に取り組む欧州 首脳らは、同国の債務返済能力の欠如に対応しておらず、汚染がシス テム全体に広がる恐れがあると米パシフィック・インベストメント・ マネジメント(PIMCO)のモハメド・エラリアン最高経営責任者 (CEO)が警鐘を鳴らした。

エラリアンCEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで、欧州当局者らは危機の背後にある状況に対処せずに、ギリシャ 危機を流動性の問題として扱っていると語った。

同CEOは「ギリシャは2つの根本的な問題を抱えている。債務 が多過ぎること、それと十分に成長できないことだ」と指摘。「支払い 能力の問題であることを認識してそれに対処し、基本的な影響の広が りを最小限に抑えるために他の部分を守るべきだ」と訴えた。

ギリシャ債務の国内総生産(GDP)比率は昨年143%に達した。

エラリアンCEOは「重要なのはシステム全体を汚染しないよう にすることだ。支払い能力の問題に対して流動性の問題に対応するよ うなアプローチを続けることで、われわれは来る日も来る日も汚染が 全体に広がる危険を冒している」と警告した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE