フェルドシュタイン教授:ギリシャのデフォルトは不可避-FT寄稿

米ハーバード大学のマーティン・フ ェルドシュタイン教授(経済学)は英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)に寄稿し、ギリシャの債務と国内総生産(GDP)の比率 が150%強であることを考慮すれば、同国のデフォルトは「不可避」で あり、「唯一の疑問はいつ起きるかということだけだ」との見解を明ら かにした。

同教授は「現在行われている交渉は実際には、避けることができな いデフォルトを先送りすることについてだ」と指摘。今デフォルトが起 きればポルトガルやアイルランド、スペインのデフォルトを引き起こす 恐れもあるとの認識を示した。

同教授は欧州中央銀行(ECB)は「この段階のデフォルトを回避 する決意」であり、これは「ギリシャとポルトガル、アイルランドが同 時にデフォルトした場合に、債権者が債券価格の評価損に耐えるのに十 分な」ほどデフォルトの感染を遅らせる方法を見いだす時間を交渉当局 者に与えることが目的だと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE