NY原油先物(22日):続伸、在庫の3週連続減で買い-95.41ドル

ニューヨーク原油先物相場は続 伸。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で先週の原油在庫が3週 連続で減少したことが買い材料となった。製油所の稼働率は過去10 カ月で最高水準に達した。

ワイス・リサーチ(フロリダ州ジュピター)の天然資源アナリス ト、ショーン・ブロドリック氏は、「在庫統計が相場を支えているの は確かだ」とし、「ユーロ圏がすぐに内部崩壊するわけではないとい う見方も買い材料につながった。ギリシャ内閣信任案の可決は大きな 安心材料だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比1.24ドル(1.32%)高の1バレル=95.41ドルで終えた。過去 1年間では24%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE