プラダ株、グレーマーケットで下落-香港上場後の株価低迷を示唆か

香港市場に今週上場するイタリア の高級ファッションブランド、プラダの株価は上場前の株式が取引さ れる「グレーマーケット」で下落し、上場後の値下がりの可能性が示 唆されている。先に香港上場を果たした旅行かばんメーカーのサムソ ナイト・インターナショナルなどの企業と同じく、プラダも投資家の 関心を引くのに苦戦することになりそうだ。

ジェフリーズ・グループが仲介した取引に詳しい関係者2人によ れば、プラダの株価は21日の店頭取引で38.50-39香港ドル(約397 -402円)と、最大2.5%下落。同社は香港での新規株式公開(IPO) を1株当たり39.50香港ドルで実施し、21億4000万米ドル(約1720 億円)を市場から集めた。

米IPOXシャスターの創業者、ジョゼフ・シャスター氏は「プ ラダ株が上場後に下落する公算が大きいということは、香港IPO市 場の全般的な地合いの変化を浮き彫りにしている」と指摘、「当初の好 況ぶりはもはや見られない」と付け加えた。

プラダ株は24日に香港証券取引所での取引が始まる予定。香港株 の指標であるハンセン指数が5週連続で下げたのを受け、同社はIP O価格を仮条件レンジの中間点を下回る水準に設定した。サムソナイ トの株価は先週の上場初日に7.7%安で終了。同社は香港IPOの規 模を12億5000万米ドルに縮小していた。

プラダのミラノ在勤広報担当者は21日、コメントを控えた。ジェ フリーズの香港支店に通常の営業時間外に連絡を試みたが応答はなく、 ロンドン在勤の広報担当者のコメントは今のところ得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE