中国は預金準備率を300BP引き上げるべきだ-謝国忠氏

中国はインフレ安定化を図るため預 金準備率を可能な限り早急に300ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)引き上げる必要があると、モルガン・スタンレーの元エコノ ミストで、現在は独立系エコノミストの謝国忠(アンディ・シエ)氏 が22日付の毎日経済新聞とのインタビューで語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE