NZ経常赤字:1~3月9700万NZドル-年間の対GDP比は拡大

ニュージーランド(NZ)の経常 赤字は2011年3月までの1年間に増加し、国内総生産(GDP)に 対する比率も拡大した。

NZ統計局が22日発表したところによると、3月までの1年間 の経常赤字は83億NZドル(約5400億円)。昨年12月までの1年 間は80億4000万NZドルの赤字だった。統計局の当局者は、非居 住者からの税収減が赤字拡大の主因と説明している。3月までの1年 間については、経常赤字の対GDP比は4.3%。昨年12月までの1 年は4.1%(改定値)だった。GDP統計は1-3月(第1四半期) 分の集計が遅れているため、12月末時点での数字を採用している。

今年1-3月期の経常赤字は9700万NZドル。昨年10-12月 (第4四半期)は36億3000万NZドル(改定値)だった。

同国の経常赤字は、地震の被害を受けたクライストチャーチ市の 復興を支える建設資材の輸入で、一段の拡大が予想されている。ちょ うど1年前の統計となる10年1-3月は輸出価格の上昇で輸出収入 が39年ぶり高水準に押し上げられ、赤字幅は過去8年余りで最小と なっていた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト9人の予想中 央値では、3月までの1年間の経常赤字はGDP比で4.4%、1-3 月期の経常赤字は9億NZドルと見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE