英ポンド下げる-英中銀フィッシャー氏が量的緩和の拡大可能と発言

21日のロンドン外国為替市場では、 ポンドが対ユーロで一段と下げている。イングランド銀行 (英中央銀 行)金融政策委員会(MPC)のフィッシャー委員がデフレ「懸念」を 口にし、一段の量的緩和を実施する可能性があると発言したことがきっ かけ。

ロンドン時間午前9時48分(日本時間午後5時48分)現在、ポンド は0.5%下げて1ユーロ=88.70ペンスと、10日以来の安値。ドルに対し ては0.1%安の1ポンド=1.6179ドル、対円では0.2%下げて1ポンド =129円77銭。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン Keiko Kambara Keiko Kambara +44-20-7330-7949 kkambara@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE