パナソニク株が反落、今期純利益は59%減見通し、市場予想下回る

国内家電最大手のパナソニック株 が反落。4月の前期決算発表時に見送っていた今期(2012年3月期) 業績予想を20日に開示。連結純利益が市場予想を下回る結果となり、 売りが先行した。株価は一時、前日比1.7%安の913円まで下落。

今期の連結純利益予想は前期比59%減の300億円と、ブルームバ ーグが集計したアナリスト8人の事前予想平均354億円を下回った。 東日本大震災の影響や円高などで大幅減益となる。

連結営業利益は2700億円を予想。上期は100億円にとどまるが、 下期は2600億円と大幅に伸びる見通し。都内で会見した上野山実最高 財務責任者(CFO)はテレビ向けを軸とするパネルの外販拡大や自 動車関連の需要が伸びることを理由として挙げた。今期のセグメント 別の営業損益では、三洋電機の部分で630億円の赤字を見込むほかは、 すべてのセグメントで営業増益となる見通し。

みずほインベスターズ証券の倉橋延巨アナリストは、上期下期の 営業利益のバランスについて「下期が若干強気すぎる気がする」と指 摘。また、三洋電機で赤字が出ることで統合効果がなかなか意識しづ らいことに加え、課題となっているテレビ事業のところでも赤字が続 く見通しで、構造改革による「加速感が実感できるのがもう少し先だ という印象がある」と述べた。

上野山氏は20日の会見で、価格競争激化に苦しむテレビ事業につ いて「今期の黒字化は難しい」と認め、不採算モデル整理や外部調達 拡大などを通じ「来期は少なくともプラスが見える形にしなければ」 と述べている。

取材協力:駅義則、--Editor: Tetsuki Murotani Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 山口祐輝   Yuki Yamaguchi +81-3-3201-8894  yyamaguchi10@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人   Yoshito Okubo +813-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE