コンテンツにスキップする

6月20日の欧州マーケットサマリー:ギリシャ債下落、融資合意なく

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4302 1.4306 ドル/円 80.24 80.05 ユーロ/円 114.76 114.52

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 265.76 -1.41 -.5% 英FT100 5,693.39 -21.55 -.4% 独DAX 7,150.21 -13.84 -.2% 仏CAC40 3,799.66 -24.08 -.6%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.52% +.01 独国債10年物 2.97% +.01 英国債10年物 3.22% +.03

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,544.00 +6.50 +.42% 原油 北海ブレント 111.35 -1.86 -1.64%

◎欧州株式市場

20日の欧州株式相場は下落。ストックス欧州600指数の下げは 8週目に入った。ギリシャのデフォルト(債務不履行)回避に向けた 支援でユーロ圏各国政府が合意できなかったことを嫌気した。

銀行株の値下がりが目立ち、英銀バークレイズは1.8%、ロイ ズ・バンキング・グループは2.6%それぞれ下げた。スペインの風 力タービンメーカー、ガメサ・コルポラシオン・テクノロヒカは

7.1%安。同銘柄をINGグループが売り銘柄に指定した。

ストックス欧州600指数は前週末比0.5%安の265.76で終 了。同指数は週ベースで7週連続下げており、2008年以来最長の 下落局面にある。ギリシャのデフォルト懸念の高まりが背景。 2月17日に付けた年初来高値を8.7%下回っている。

カムジェスション(パリ)のファンドマネジャー、ブルーノ・デ ュクロ氏は、「真剣な対応策が依然として出ていないという懸念が少 しあり、資金を注入すればすべての問題が解決するとの確信も持てな い」と話し、「劇的なコスト削減があったとしても、問題解決には長 い時間がかかるだろう」と指摘した。

この日は、NYSEユーロネクストが運営するパリとアムステル ダム、ブリュッセル、ルクセンブルク、リスボンの証券取引市場で株 式取引が1時間遅れて始まった。コンピューター障害が原因で、開始 はパリ時間午前10時となった。

ルクセンブルクではこの日ユーロ圏の財務相らが会合を持ったが、 ギリシャを支援するための融資提供で合意に至らず、同国のパパンド レウ首相に歳出削減策の議会承認を得るよう一段と迫ることとなった。 これを受けた西欧市場では、18カ国すべてで主要株価指数が下落し た。

◎欧州債券市場

20日の欧州債市場ではギリシャ10年債を中心に、高債務国の 国債が総じて安い。ユーロ圏各国がギリシャへの融資支払いで合意に 至らなかったことから、同国がデフォルト(債務不履行)に陥るとの 懸念が強まった。

イタリア国債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド) は拡大した。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが イタリアの信用格付けを引き下げ方向で見直すことを明らかにしたこ とがきっかけ。

ドイツ10年債利回りは一時、5カ月ぶり低水準まで1ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)未満となった。ユーロ圏の当局 者らが、昨年合意した救済融資の今年7月分120億ユーロ(約1兆 3700億円)の支払いについての決定を先送りしたことが背景にある。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)の債券ストラテジス ト、ラスムス・ロウジング氏は、「ギリシャをめぐる判断決定が相場 を左右する材料で、変動性と不透明感を少々高めている」と語った。

ロンドン時間午後4時57分現在、ギリシャ10年債利回りは前 週末比40bp上昇の17.34%。一方、ギリシャ2年債利回りは18 bp低下の28.61%。先週にはユーロ導入の1999年以降初めて 30%を突破していた。ギリシャ30年債利回りは10営業日連続で上 昇し、2009年1月以降で最長の上げ。

ポルトガル10年債利回りは前週末比24bp上げて11.15%。 イタリア10年債利回りは3bp上昇し4.85%。一時は4.88%に 達した。同年限のドイツ国債に対するスプレッドは190bpに拡大。 16日には204bpと、1月11日以降の最大となっていた。

一方、ドイツ10年債利回りは2.907%まで下げた後、前週末 比1bp低下の2.95%。同国債(表面利率3.25%、2021年7月 償還)価格は0.075上げ102.55。ドイツ2年債利回りも1bp下 げて1.51%。

◎英国債市場

20日の英国債市場では、10年債相場が前週末からほぼ変わらず となった。ユーロ圏各国がギリシャへの融資提供で合意に至らなかっ たことからポンド建て資産への需要が高まり、10年債利回りは7カ 月ぶり低水準まで下げる場面もあった。

10年債利回りは前週末比ほぼ変わらずの3.21%。一時は

3.16%まで下げ、昨年11月12日以来の最低を付けた。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) はプラス3%。これに対し米国債は3.3%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Mika Otsuka 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE