コンテンツにスキップする

リプスキー氏:ギリシャ救済策第2弾、IMFは協議していない

国際通貨基金(IMF)のリプ スキー専務理事代行は、ギリシャ救済パッケージ第2弾をめぐる協議 をIMFは行っていないと述べた。その上で、現在は当初の救済パッ ケージの次回分の融資実行を承認するか否かを検討していることを明 らかにした。

リプスキー氏は20日、ルクセンブルクでの記者会見で、「IM Fは新たな救済プログラムについての協議は行っていない」と言明。 「その可能性は常にあるが、ギリシャ当局からそうした新たなプログ ラムに関する検討要請は来ていない。現在は実行中のプログラムを正 しい軌道に戻し、次回分の融資実行を容認するには何が必要かに集中 している」と語った。

また同氏はこの日ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、 「最も重要なのはギリシャ当局が講じる国内での措置だ。経済を立て 直し新たな成長に向けた土台を作るのに必要な、非常に意欲的な構造 改革プログラムを導入し実行することだ」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Rebecca Christie in Luxembourg at +32-2-285-4307 or rchristie4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Patrick Henry at +32-2-237-4328 or phenry8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE