ブラジル国債を1段階格上げ、歳出削減策を評価-ムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは、ブラジル国債の格付けを1段階引き上げた。 ルセフ大統領が主導する歳出削減の取り組みが評価された。

ムーディーズの20日発表によると、ブラジル国債の格付けは 「Baa2」と、投資適格級で下から2番目に引き上げられた。従来 は「Baa3」だった。見通しは「ポジティブ」で据え置かれた。

今年1月に就任したルセフ大統領は、景気沈静化とインフレ抑制 への対応で、歳出を507億レアル(約2兆5440億円)削減する方 針を打ち出した。ブルームバーグがまとめたアナリスト19人の調査 中央値では、ブラジル経済は今年4%のプラス成長が見込まれている。 昨年は7.5%と、約20年ぶりの高成長だった。

ブラジルの格付けについては、スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)が先月、フィッチ・レーティングスは4月にそれぞれ引き 上げている。

ムーディーズは発表で、「景気浮揚策を反転させ、保守的な政策姿 勢を採用する政府の意欲は、持続的な成長軌道へ向けて、一貫性が一層 高まる」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE