ソフトバンクの孫社長、再生エネルギー推進を世界に呼び掛け

ソフトバンクの孫正義社長は20 日、化石燃料のコストと原子力発電のリスクを考慮すれば、世界各 国は60年先を見据えた政策を策定し、再生可能エネルギーの拡大を 推し進める必要があると呼び掛けた。ソウルで開かれたエネルギー 関連会議で講演した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE