ギリシャ債券の償還期限延長、危機悪化招く恐れ-仏金融市場庁長官

フランス金融市場庁(AMF)の ジュイエ長官は、ギリシャ債券の償還期限を延長しても問題の解決に はつながらず、欧州全体の金融危機を招く恐れがあると指摘した。

同長官はRTLラジオとのインタビューで、一部のドイツ当局者 が提案しているように償還期限を7年延長するなら、デフォルト(債 務不履行)と見なされ、欧州中央銀行(ECB)はギリシャ債を担保 として受け入れなくなるだろうと説明した。

その上で同長官は、金融市場を混乱させない解決策が見つかると 確信していると付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gregory Viscusi at +33-1-5365-5068 or gviscusi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE