【日本株週間展望】下放れ二番底模索、米欧で不安材料-リスク回避

6月第4週(20-24日)の日本株 相場は、4月以降続いていたレンジ相場を下放れ、東日本大震災後の 二番底を模索する展開が予想される。米国の景気減速懸念に加え、欧 州ではギリシャの債務問題が再度クローズアップされ、ユーロ安が加 速。世界で稼ぐ日本企業にとって外部環境は厳しさを増している。

第3週の日経平均株価は、前週末比1.7%安の9351円で終了。4 月以降はおおむね9400-1万円の範囲で推移し、こう着感が強まって いたが、17日には9318円まで下落、3月29日以来の安値を付けた。

東海東京調査センターの隅谷俊夫投資調査部長は、「米国に引きず られた世界的な株価調整の様相を呈している。日経平均はPBR(株 価純資産倍率)から逆算して9000円が岩盤と思うが、3月の震災直後 の安値(8227円)が本当の安値だったのかを確かめないといけない」 と話している。

欧州の債務問題が再燃している。14日のユーロ圏財務相の緊急会 合では、ギリシャ救済策をめぐるこう着状況を打開できなかった。欧 州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のレーン委員(経済・ 通貨担当)は、ギリシャが最新の財政緊縮策を法制化すれば、EUと 国際通貨基金(IMF)は7月に融資を実行すると表明。ただギリシ ャでは、財政緊縮策が野党や国民の理解を得られていない。

ギリシャのデフォルトリスク

16日の欧州債市場で、ギリシャの2年債利回りは30%を突破。ク レジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場ではギリシャ債のC DSスプレッドが2050ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と 過去最高に達し、5年以内のデフォルト(債務不履行)確率81.5%を 示唆している。ユーロは売られ、16日には対円で113円50銭と、約 1カ月ぶりの安値を付けた。

VTBキャピタルのエコノミスト、ニール・マッキノン氏(ロン ドン在勤)は「ユーロ圏でリーマン破たんのような瞬間が訪れる可能 性が高まっている」と分析。市場は単にギリシャのデフォルトの高い 確率を織り込む段階から、「デフォルトがポルトガルやアイルランド、 場合によってはスペインやイタリア、ベルギーにも危機が広がるシナ リオを想定する段階に移っている」と言う。

欧州では20-21日に欧州財務相会議、23-24日にEUサミット が開催される。ギリシャ支援の行方を見極めようと、投資家の様子見 姿勢が強まる可能性がある。

QE2終了迫る

米国では、量的緩和第2弾(QE2)の終了が今月末に迫り、今 後の景気減速が警戒されている。三菱UFJ証券投資情報部の山岸永 幸シニアストラテジストは、「減速しかけていた景気を大量の流動性供 給で助けていたが、実需がはがれてきた」との認識だ。

すでに、足元で発表されている経済指標は芳しくない。6月の住 宅市場指数は9カ月ぶりの水準に低下し、6月のニューヨーク連銀製 造業景況指数やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想外のマイ ナスとなった。BMOキャピタル・マーケッツの上級エコノミスト、 ジェニファー・リー氏(トロント在勤)は「今後の景気回復見通しに 不安を抱かせる」としている。

こうした不安の中で、「世界的にリスク商品に資金が向かっていな い。海外は日本の地震による影響を直接受けていないが、景気への懸 念がある」と三菱Uモルガン証の山岸氏。シカゴ・オプション取引所 (CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は、世界の投資家のリ スク許容度の低下を示している。同指数は、数値が高いほど先行きに 不安を持つ投資家心理を表し、16日には22.73と約3カ月ぶりの高水 準に達した。東日本大震災で世界の金融市場が揺れた3月16日にこと し最高の29.40へ急上昇した後、10ポイント半ばで推移していた。

新興国鈍化への懸念も

欧米発の不透明要素に加え、高木証券・金融商品部株式課の菊池 重夫次長は「一番怖いのは新興国の経済成長が鈍ることだ」と言う。 中国の5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.5%上昇と、 約3年ぶりの高水準を記録。インフレ加速を受け、中国人民銀行(中 央銀行)は14日、市中銀行の預金準備率を20日に引き上げると発表 した。「中国のインフレ抑制が難しくなると、輸出で稼ぐ日本ははしご を外されてしまう」と、菊池氏は懸念している。

震災後の復興を見越し、割安な日本株を買っていた海外勢の動き も止まった。昨年の日本株市場の売買代金で6割超を占めた海外投資 家は、5月第4週に30週ぶりに売り越しに転換。6月は、買い越し後 に再び売り越しと、依然と比べ腰が引けている。

一方、日本国内では東日本大震災の影響で前期決算発表時に今期 (2012年3月期)の業績予想を未定としていた企業が、徐々に見通し を公表。多くは、4-9月(上期)は震災による生産停止、サプライ チェーン寸断が響いて大幅な減益や赤字を余儀なくされるが、サプラ イチェーン復旧のめどが当初見込みよりも早まっており、下期は急回 復する見通しだ。富士通の場合、上期は89%の営業減益ながら、通期 では1.8%の増益確保を見込む。

業績回復すう勢が支え

みずほ証券リサーチ&コンサルティングによると、東証1部上場 銘柄の企業業績モメンタムを表すリビジョン・インデックスは16日現 在6.1%と、5月末時点のマイナス6.5%からプラスに転じた。製造業 が大きく好転したことが寄与している。相場全体が下向く可能性があ る中では、業績面に不安が少なく、「PBRや配当利回りで非常に割安 な銘柄が買われる公算がある」と隅谷氏はみている。

第4週のスケジュールでは、米国では22、23日に連邦公開市場委 員会(FOMC)が開催予定。ブルームバーグ調査では、政策金利で あるフェデラルファンド(FF)の誘導目標は据え置かれる見込みだ。 また、21日には5月の中古住宅販売件数、23日には新築住宅販売が発 表される。欧州では、22日に6月のユーロ圏消費者信頼感指数、23 日には6月のPMI製造業指数などがあり、国内では20日に5月の貿 易収支や粗鋼生産、コンビニエンスストア売上高の発表を控える。

【市場関係者の見方】 ●ニッセイアセットマネジメントの久保功株式ストラテジスト 「下値固めの展開を予想、日経平均の想定レンジは9200-9600円。F OMCでは、現在は一時的な調整というFRBの景気認識は変わらず QE3への期待は出ないが、景気指標の悪化を織り込んでおり、米国 株は横ばいだろう。一方、ギリシャ問題はEU首脳会議を前に不安が 高まりやすいものの、対応策か問題先送りでいったん落ち着くとみて おり、週後半にかけてややプラスに働く。日本株はPBR1倍近辺に あり、一段と下げれば3月15日以来の1倍割れになる。当時と比べて 相場環境は悪くなっておらず、大きく下げるとは思えない」

●大和証券投資情報部の西村由美次長 「週前半は米FOMC後の声明待ち、後半はEU首脳会議でのギリシ ャ問題に関する議論の行方を見守りたいとして、こう着感が強い相場 展開がメインシナリオ。ただ、VIX指数が約3カ月ぶりの高水準に 上昇し、投資家の警戒感が高まっている様子が表れており、下値警戒 は必要だ。国内では、パナソニックやTDK、スズキが公表する今期 業績計画に注目している。アナリスト予想からのかい離が大きいよう だと、当該銘柄に加え、周辺にも売り買いが広がる可能性がある」

●みずほ証券エクイティ調査部の三浦豊シニアテクニカルアナリスト 「下値模索の可能性を抱え、米国株と為替の動きをにらみながらの不 安定な動きとなりそう。日経平均の下値は9000円、上値はSQ値など の9600円あたりを予想。米FOMCや、ギリシャ問題に注目している。 ただ米国株が下げ続けているので、値ごろからの自律反発もあり得る」

●丸三証券投資情報部の中村明彦テクニカルアナリスト 「日経平均の直近の下げは3月15日(8227円)から5月2日(10017 円)までの上昇の調整と捉えられる。38.2%押しの9330円では止まら ず、半値押しの9122円、61.8%押せば8900円台と、9000円割れを見 にいくのではないか。米ダウ工業株30種平均の上げ下げのサイクルは このところ4カ月で、次の立ち直りは7月上旬。ドル円のチャート形 状が80円割れのリスクを持っていることを考えると、日本株相場は上 げ下げを繰り返しながらも軟調となろう」

--取材協力:河野敏、長谷川敏郎、鷺池秀樹、岩谷多佳子 Editor: Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 浅井真樹子 Makiko Asai +81-3-3201-8955  masai@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +85-2-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE