DeNA株は3カ月ぶり上昇率、4-6月利益増額-ゲーム需要好調

携帯電話向けのゲーム・交流サイ ト「モバゲ―」が主力のディー・エヌ・エー株が急反発し、3カ月ぶ りの日中上昇率を記録した。オープンゲームのヒットタイトルが増加 したなどとし、4-6月期の連結営業利益予想を上方修正しており、 足元の好業況を評価する買いが膨らんだ。

株価は一時、前日比6.2%高の3325円まで買われ、日中上昇率は 3月16日の9.4%以来の大きさを記録した。年初来高値は、3月7日 に付けた3360円。

同社は16日、オープンゲームのヒットタイトルが順調に増えたほ か、内製ソーシャルゲームも好調で、4-6月期(第1四半期)の連 結営業利益は従来予想から19%上振れで、前年同期比32%増の158 億円になる見込みと発表した。

ゴールドマン・サックス証券の小池隆由アナリストは、16日付の リポートで会社側修正値について、同証推定に対し「売上高はほぼ予 想通りだったが、コストが抑制された結果、営業利益が上振れた」と の認識を示した。その上で、今期(2012年3月期)の連結営業利益予 想を従来の598億円から641億円に増額。同時に、今後12カ月間の目 標株価を3350円から3600円に見直した。投資判断は「中立」を維持。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE