グリーンスパン前FRB議長:ギリシャのデフォルト「ほぼ確実」

グリーンスパン前米連邦準備制 度理事会(FRB)議長は、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に 陥るのは「ほぼ確実」だとし、その結果、米経済はリセッション(景 気後退)入りしかねないと指摘した。

グリーンスパン前議長(85)は16日、PBSテレビのチャーリ ー・ローズ氏とのインタビューで、ギリシャ危機を解決する上で「政 治システムが機能する可能性は極めて低いことが問題だ」と発言。 「ギリシャがデフォルトに陥らない公算は非常に小さい」と語った。

前議長は、ギリシャのデフォルトの確率は「非常に高く、逃げ場 はないと言わざるを得ないような状況だ」とし、幾つかの米銀が「八 方ふさがり」となる恐れがあると述べた。

また、ギリシャの債務危機は米国を新たなリセッションに導く可 能性をはらんでいると指摘。その上で、ギリシャ問題がなければ米国 のリセッション入りの「可能性は極めて低い」とし、「米経済が近く 二番底に陥ることを示唆する動きはシステム内に見当たらない」と述 べた。

米国の債務問題については、「恐ろしく危険」なものになりつつ あるとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE