コンテンツにスキップする

ECBのメルシュ氏:ギリシャ債の期限延長、解決策となり得ない

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は16日、ギリシ ャ国債の期限を延長するのは、受け入れ可能な解決策ではないとの見 解を示した。

メルシュ総裁はハンブルクで講演し、「ギリシャ国債を保有する 民間投資家に期限延長を政治的に強制するのは成功しない」と発言。 格付け会社がそのような動きはデフォルト(債務不履行)に相当する と示唆しているだけでなく、ECBもリファイナンシング・オペ(公 開市場操作)でそのような国債を担保として受け入れないだろうと 指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE