セシウム濃度10万ベクレル以下の汚泥は産業廃棄物処分場に仮置き

原子力災害対策本部は16日夕、福島 第一原子力発電所事故に関連して、放射能物質が検出された副次産物の 処理について指針を発表した。

それによると、焼却処理をする場合、放射能濃度が継続して高い場 合は集塵装置の適切な能力確保が必要。セシウムの濃度が1キログラム 当たり10万ベクレル以下の汚泥は住宅地などと適切な距離を取った上で 産業廃棄物処分場に仮置きできるとした。同8000ベクレル以下であれば 跡地を居住などに利用しないとの前提で埋め立て処分可能としたほか、 ほかの原料との混合などを考慮し市場に流通する前にクリアランスレベ ル以下になるものは再利用できる。

クリアランスレベルはセシウム134、137が1グラム当たり0.1ベク レルなど。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE