南相馬市、伊達市一部地域で住民の避難支援へ-ホットスポット

政府は16日午後、東京電力の福島 第一原子力発電所事故をめぐり、避難区域以外の放射線レベルの高い いわゆるホットスポットを特定避難勧奨地点として住民の避難を支援 する方針を発表した。

官邸報道室の配布資料によると、事故発生後1年間の積算線量が 20ミリシーベルトを超えると推定する地点を住居単位で特定する。

会見した枝野幸男官房長官によると、南相馬市、伊達市の一部地 域で住居単位の指定が行われるという。

枝野長官は「特定避難勧奨地点に該当した住民は不安が多いと思 うが、生活や家族形態に合わせて対応をお願いしたい」と呼び掛け た。特に妊婦や幼児がいる世帯は避難してもらえるよう自治体と協議 する方針を示した。

枝野長官は「一律に避難を求めるほどの危険性はないと判断して いるが、一方では住民の皆さんに対する注意喚起は必要で、避難を希 望する人には政府としてしっかり支援する」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE