ギリシャ救済策めぐるドイツの態度が軟化、民間債権者の関与で-FT

ギリシャの新たな救済策に民間債券 保有者が関与するタイムフレームをめぐるドイツの態度が軟化しつつあ る。英紙フィナンシャル・タイムズがドイツの複数の当局者の話として 報じた。現行のギリシャ救済策からの120億ユーロ相当の次回の支払い について、国際通貨基金(IMF)が支持する用意があることを示唆し たことが背景にある。

当局者らによれば、ドイツは債券保有者が「かなりの数量的な貢 献」を行う必要があると引き続き主張しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE