コンテンツにスキップする

米国株投信からの資金流出が過去半年で最大、株価下落響く-ICI

米投資家による先週の国内株式 投資信託からの資金引き揚げは過去半年で最大だった。米景気回復 が失速しつつあるとの懸念で株式相場が下落したことが背景にある。

米投資信託協会(ICI)によると、米国株投信は6月8日終 了週に54億6000万ドル(約4400億円)の純流出となった。これは 昨年12月8日終了週以降で最大の純減。外国株投信は2億9100万 ドルの純流出。

5月の米国の製造業の拡大ペースは約1年で最も低く、4月の 個人消費は予想を下回る伸びにとどまった。5月の失業率は予想に 反して9.1%に上昇した。S&P500種株価指数は4月末に約3年ぶ りの高値を付けて以来7.2%下落している。

一方、課税対象債券投信は先週、50億9000万ドルの純増とな り、地方債投信も2億9800万ドルの純流入だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE