米カーライル、IPOの主幹事選定で金融機関と協議-関係者

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社のカーライル・グループは今週、新規株式公開(I PO)の準備で金融機関との協議を進めている。事情に詳しい関係者 が明らかにした。

協議は非公開だとして関係者が匿名を条件に語ったところによる と、カーライルはIPOで約10億ドル(約810億円)を市場から集め るもよう。別の関係者によると、カーライルは週内に引き受け主幹事 を選定する見通し。

カーライルは、一段と安定しつつある米株式相場を追い風に上場 を果たす計画。競合の米ブラックストーン・グループとKKR、アポ ロ・グローバル・マネジメントは既に米市場に上場。ブラックストー ンの株価は年初来で約17%上昇。KKRは8.7%高となっている。

デービッド・ルーベンスタイン、ダニエル・ダニエロ両氏と共に カーライルを1987年に設立したウィリアム・コンウェイ氏は、昨年 12月、資本増強と企業買収ファンドへの資金調達のためIPOの準備 をしていると明らかにしていた。

カーライルと金融機関との協議については、経済ニュース専門局 CNBCが先に報じていた。カーライルの広報担当者からコメントは 得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE