米国株:反落、欧州懸念や米経済指標に失望-S&P年初水準接近

米株式相場は反落。ギリシャが デフォルト(債務不履行)に向かっているとの懸念や、米景気が冷え 込みつつあるとの兆しを背景に売りが膨らんだ。S&P500種株価 指数は今年の上昇を失う水準に近づいた。

ウェルズ・ファーゴとバンク・オブ・アメリカ(BOA)が安い。 欧州の当局者がギリシャ救済計画で合意に至らず、欧州の銀行株が下 げた流れを引き継いだ。商品価格の下落を背景に、アルコアやエクソ ンモービルも値下がりした。景気動向との関連が強い銘柄で構成する モルガン・スタンレー・シクリカル指数は2%下落。製造業景況指数 や鉱工業生産、住宅市場指数が予想を下回ったことが手掛かり。

S&P500種株価指数は前日比1.7%安の1265.42。年初か らの上昇率は0.6%に縮小した。ダウ工業株30種平均は178.84 ドル(1.5%)下落の11897.27ドル。両指数ともに3月以来の安 値水準となった。

プルデンシャル・ファイナンシャルの市場ストラテジスト、クイ ンシー・クロスビー氏は、「典型的な『リスク回避』の動きだ」と指 摘。「欧州は先延ばしにすることばかり言い続けており、重荷は増え るばかりだ。ドルは対ユーロで買われている。景気は一時的な減速局 面にある。弱い経済統計は商品高騰の抑制につながるのではないかと みている」と述べた。

世界的に株価が下落

S&P500種は4月末につけた年初来高値から7.2%下落。景 気減速への懸念が強まり、エネルギーや金融、素材株を中心に下げた。 同株価指数の株価収益率(PER、今年の業績見通しベース)は 12.7倍と、ほぼ1年ぶりの割安水準となっている。

この日は香港からロンドン、サンパウロなど世界的に株価が下落。 欧州の当局者は新たなギリシャ支援計画で合意に至らなかった。ギリ シャのパパンドレウ首相は内閣を16日に改造し、議会で信任投票の 実施を求めると述べた。同首相は国営NETテレビを通じてコメント した。

欧州中央銀行(ECB)は、ギリシャの債務危機が銀行セクター に波及する脅威が域内の金融安定に対する最大のリスクだとの認識を 示した。

ECBはこの日、半期金融安定報告を公表。コンスタンシオ副総 裁はこれに伴いフランクフルトで記者会見し、「ギリシャ危機の感染 はあり得る」とした上で、「ヘアカット(債務減免)を伴ういかなる 種類のデフォルト(債務不履行)にも、クレジットイベント(信用事 由)や格下げ事由となり得るいかなる民間セクター関与にもECBが 反対するのはこのためだ」と説明した。

「株式相場は圧迫される」

6月のニューヨーク連銀管轄地区の製造業活動は、市場予想に反 して縮小した。また、米住宅業者の景況感を示す指数は6月に、9カ 月ぶりの水準に低下した。販売見通しに関して一段と悲観的になって いることが示された。

米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した5月の米鉱工業生産 は前月比で増加したが、市場予想を下回った。米消費者物価指数は5 月に市場予想を上回る伸びを示した。自動車からホテル宿泊料まで、 広範な値上がりを反映した。

ジャネイ・モントゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジス ト、マーク・ルッシニ氏は「最新の統計は景気の軟調さをあらためて 示した。悪化を示さない経済統計が発表されるまで、株式相場は圧迫 されるだろう」と述べた。

KBW銀行指数は1.6%安。構成する24銘柄中23銘柄が値下 がりした。ウェルズ・ファーゴは1.7%安。BOAは2.8%下落。

S&P500種のエネルギー株と素材株指数も下落。ドルが上昇 したことで、代替投資先としての商品の魅力が弱まったことが背景。 商品19銘柄で構成するトムソン・ロイター・ジェフリーズCRB指 数は2.3%安。アルコアは2.9%、エクソンモービルは2.1%いず れも値下がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE