ギリシャの銀行:コアTier1比率10%、12年から義務付け-国内紙

ギリシャの銀行は、狭義の中核 的自己資本であるコアTier1比率を2012年から10%にするこ とを義務付けられる。同国紙カティメリニが、ギリシャ中央銀行のプ ロボポラス総裁の話を引用して報じた。

同紙によれば、この自己資本には政府優先株が含まれており、 10%の水準は銀行保護策の一環として欧州連合(EU)と国際通貨基 金(IMF)も合意している。情報源は明示していない。

各行の債務や不良債権、引当金の査定には国際的な企業が起用さ れ、11月末までに報告書が公表されるという。

プロボポラス総裁は14日にアテネでギリシャの4大銀行のほか、 ギリシャ商業銀行とヘレニック・ポストバンクの幹部らと会談したと、 カティメリニは伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE