中国で服役中のリオ元幹部、囚人の交換協定締結後に豪州へ移送か

中国の刑務所で服役している英・ オーストラリア系鉱山会社リオ・ティントの元幹部、スターン・フー 受刑者は、中国とオーストラリア政府が締結を予定している囚人の交 換協定の下で、残り刑期を豪州で過ごす可能性がある。同受刑者は昨 年3月、中国の裁判所から収賄と産業スパイの罪で禁固10年を言い渡 された。

オコナー豪内務相のオフィスの発表によれば、協定は「近く」議 会に諮られる見通し。法的手続きが完了すれば、受刑者は移送される 前に両国政府と残りの刑期を過ごすことを希望する国に承諾を求める。

中国の刑務所にはフー受刑者を含む25人のオーストラリア人が 服役している。リオ・ティントをめぐる裁判では、中国での鉄鉱石部 門幹部だったフー受刑者のほか、同僚の中国人3人も最高14年の禁固 刑となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE