コンテンツにスキップする

アジア株:もみ合い、米小売売上高統計を好感し輸出株が買われる

15日午前のアジア株式相場はも み合い。指標のMSCIアジア太平洋指数は、値上がり銘柄数が値下 がり銘柄数を上回る展開となっている。米国の小売売上高が予想ほど 悪くなかったことから、輸出企業の見通しが上向いた。

トヨタ自動車とホンダは上昇。米国の住宅パネル販売で最大手の ジェームズ・ハーディー・インダストリーズはシドニー市場で0.5% 高。一方、時価総額でオーストラリア最大の保険会社、QBEインシ ュアランス・グループは3.7%安。未曽有の自然災害に伴う保険金支 払いで、業績が圧迫されるとの見通しを示したことが嫌気された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時4分現在、前日 比ほぼ変わらずの132.98。上げ下げを頻繁に繰り返す展開となって いる。指数構成銘柄のうち値上がりと値下がりの割合は約3対2。

SMBC日興証券エクイティ部の西広市部長は、世界的な景気回 復鈍化の織り込みが進む中、米個人消費動向を知る重要な統計の小売 売上高が市場予想ほど悪くなかったことで、「米景気の先行きに対す る過度な不安がいったん後退する」と指摘。世界の景気の動向に敏感 な銘柄が買われそうだとの見方を示した。

----With assistance from Norie Kuboyama and Satoshi Kawano in Tokyo. Editor: Jason Clenfield.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Gentle at +852-2977-6545 or ngentle2@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE