JPモルガン:人事刷新、リテール部門3分割-住宅ローン責任者更迭

米銀JPモルガン・チェースは、 リテールバンキング(小口金融)部門の統括業務を3人の幹部に分割 した。単独の責任者だったチャールズ・シャーフ氏はプライベートエ クイティ(PE、未公開株)部門のパートナーとなる。

同部門はシャーフ氏の下で過去9年に支店数を3倍強に増やして きたが、米住宅市況の低迷を受けて住宅ローンの焦げ付きに悩まされ ている。今年1-3月(第1四半期)は2億800万ドルの赤字だった。

ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)はインタビュー で、通常の経営陣入れ替えの一環だと述べ、「執行委員会に15人が 連なる組織で変化がないということはあり得ない」と語った。シャー フ氏は執行委員会の席を失ったが、同氏が「友人で信頼できる相談相 手であることは私が死ぬまで変わらない」とダイモンCEOは述べた。

リテール部門は商業銀行部門責任者のトッド・マクリン氏、カー ド部門のゴードン・スミスCEO、住宅融資責任者のフランク・ビシ グナノ氏が引き継ぐ。

JPモルガンはまた、住宅ローン部門責任者のデービッド・ロー マン氏を更迭した。過剰請求や不正な住宅差し押さえ問題などの責任 を取った格好だ。

同行はさらに、ハイディ・ミラー氏が2012年に退社することも 正式に発表した。同氏が直近に統括していた国際部門は投資銀行部門 のジェス・ステーリーCEOが引き継ぐ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE