コンテンツにスキップする

日銀月報:「持ち直しの動きもみられている」-判断を一歩前進

日本銀行は15日午後、6月の金融 経済月報を公表し、足元の景気は「震災の影響により、生産面を中心 に下押し圧力が続いているが、持ち直しの動きもみられている」とし て、前月の「生産面を中心に下押し圧力の強い状態にある」から判断 を一歩前進させた。

東日本大震災があった3月の鉱工業生産は前月比15.5%低下(確 報値)と過去最大の落ち込みとなったが、4月(速報値)は同1.0% 上昇と2カ月ぶりのプラスに転じ、予測指数も5月が同8.0%上昇、 6月が同7.7%上昇を見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE