コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米NBC:2020年までの国内五輪放映権を獲得-約3500億円

米ケーブルテレビ(CATV)運営 会社コムキャスト傘下のメディア・娯楽企業NBCユニバーサルは、 2020年までの夏季・冬季オリンピック(五輪)の国内テレビ放映権を 43億8000万ドル(約3500億円)で獲得した。ウォルト・ディズニー とニューズ・コープに競り勝ち、五輪放送局としての立場を維持した。

コムキャストと国際オリンピック委員会(IOC)は7日、NB Cユニバーサルがロシアのソチで開催される14年冬季、ブラジル・リ オデジャネイロでの16年夏季、さらに18年、20年の大会を放映する と発表した。

コムキャストのブライアン・ロバーツ会長兼最高経営責任者(C EO)は電話会議で、14年、16年大会は採算が取れるとの見通しを示 した。NBCユニバーサルが両大会で支払う放映権料は20億ドルと、 昨年のバンクーバー冬季大会、来年ロンドンで開催される夏季大会分 とほぼ変わらない。ゼネラル・エレクトリック(GE)がNBCの経 営権を握っていた際のスポンサー契約料、約2億ドルを含むこれら2 大会の放映権料は22億ドルだった。

NBCユニバーサルは、1988年以降の夏季、2002年以降の冬季全 大会を放映してきた。18年、20年大会の開催都市はまだ決定していな いが、NBCユニバーサルは両大会の放映権料として23億8000万ド ルを支払う。

IOCによれば、この日の契約により、コムキャストがオリンピ ック用チャンネルを開設することも認められる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE