コンテンツにスキップする

伊インテーザ:不良債権事業を売却も、野村などに打診-ソレ24オレ

イタリア2位の銀行、インテーザ・ サンパオロが不良債権事業の売却を検討していると、経済紙ソレ24 オレが情報源を明示せずに報じた。同事業は最大40億ユーロ(約4700 億円)相当の融資債権を保有している。

同紙によると、インテーザはモルガン・スタンレーやゴールドマ ン・サックス・グループ、メリルリンチ、野村ホールディングスなど の買い手候補に打診。サーベラスとフォートレスも関心を示す可能性 があるという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jerrold Colten at +39-02-8064-4261 or jcolten@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE