コンテンツにスキップする

中国人民元NDF:月間ベースで昨年11月以降最大の下落率へ

中国人民元のノンデリバラブル・ フォワード(NDF)は、このまま推移すると月間ベースで昨年11 月以降最大の下落率となる。景気の鈍化が懸念される中、中国当局が 元の上昇ペースを緩めるとの観測が背景にある。

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行のエコノミスト、ホ・ウェイ チェン氏(シンガポール在勤)は「中国人民銀行(中央銀行)が通貨 問題に対して非常に積極的に取り組むとは、市場参加者も全く確信し ていない」と述べた上で、「元高は、生活コストや輸出の面で中国の社 会構造に影響を及ぼすだろう」と語った。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の人民元NDFは、今 月に入って0.8%値下がりしている。香港時間午前10時37分(日本 時間同11時37分)現在、前日比0.02%高の1ドル=6.3595元。ND Fは元が今後1年で1.9%上昇するとの予想を織り込んでいる。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は前 日比0.02%高の1ドル=6.4819元。一時は6.4815元と、公定・市場 レートが統合された1993年末以降の最高値を更新した。月間では

0.14%上昇している。

香港のオフショア市場で元は前日比0.03%高の6.4815元と、月 間の下落率は0.3%に縮まっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE