コンテンツにスキップする

仏財務相:IMF専務理事、選出されれば全ての加盟国を代表する考え

フランスのラガルド財務相は、国際 通貨基金(IMF)がマクロ経済と社会、金融問題に取り組む必要があ るとした上で、IMF専務理事に選出された場合、全ての加盟国を代表 する考えを表明した。ラガルド財務相は30日、ブラジリアで記者団に対 し、IMFがストロスカーン前専務理事の下で始まったクオータ(出資 割当額)などの改革を継続する必要があると強調した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE