コンテンツにスキップする

五十嵐財務副大臣:消費税の充当好ましくない-震災復興財源

五十嵐文彦財務副大臣は30日午後 の定例会見で、消費税率引き上げで東日本大震災の復興財源を確保す べきだとの意見に対し「消費税は全ての人が例外なく薄く広く分担す る仕組みになっており、被災地にも影響が及ぶ。消費税を充てること は好ましくない」と述べた上で、消費税は恒久的な社会保障の財源と して検討すべきだとの認識を示した。

また、消費税率の引き上げ幅や時期については「現時点であらか じめ想定することはできない」と述べるにとどめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE