コンテンツにスキップする

リビア反体制派、原油生産の早期再開の公算小さい-ロイター

リビアの反体制派「国民評議会」 で石油・財政担当相を務めるアリ・タルフーニ氏は、反体制派が支配 する地域で原油生産を数週間以内に再開する公算は小さいとの見通し を示した。ロイター通信が同氏の発言を引用して伝えた。

ロイターによれば、タルフーニ氏は29日、ベンガジで開いた記者 会見で、「最低レベルの安全が確認でき次第、生産を再開するだろう が、今後2、3週間でそうなるとは思わない」と語った。その上で、 生産再開時期の見通しは立ってないとし、「早期再開を望んでいるが、 い

つとは言えない」と続けたという。

国内情勢が混乱する以前、リビアは日量約160万バレルの原油を 生産していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE