コンテンツにスキップする

レーン欧州委員:ギリシャの資本市場復帰は野心的目標-シュピーゲル

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、ギリシャが2012年3 月の資本市場復帰を目指していることについて、「極めて野心的な目 標」との認識を示した。ドイツ誌シュピーゲルとのインタビューで語 った。

同委員は、欧州通貨同盟(EMU)からのギリシャの離脱は「真 剣に検討されている選択肢」ではないと指摘。ギリシャの債務再編が 行われれば、同国の金融システムにマイナスの影響を及ぼすだけでな く、他の欧州諸国への連鎖反応を引き起こしかねないと警告し、欧州 委の検討課題ではないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE