コンテンツにスキップする

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、ハンセン指数が上昇。国際商品の値上がり や企業の増益決算が好感された。今週1週間では2週連続の下げとな った。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は

3.8%高。親会社がペトロチャイナの持ち株率を引き上げたのが好感 された。中国の銅生産最大手、江西銅業(358 HK)は2.6%高。

増益決算を発表した中国最大のパソコンメーカー、レノボ・グル ープ(聯想集団、992 HK)は5.3%高。香港への旅行者増加を受け、 六福集団(国際)(590 HK)など高級品小売株も買われた。中国海 洋石油(CNOOC、883 HK)や中国工商銀行(1398 HK)も上昇。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏は「香港 市場の相場は反発するだろう。このところ下がり過ぎていた」と指摘。 「概して世界経済の景気減速に対する警戒感が引き続き強い」と語っ た。

ハンセン指数は前日比217.28ポイント(1%)高の

23118.07で終了。採用45銘柄は上昇と下落の比率が約8対1だっ た。今週の騰落率はマイナス0.4%と、週間ベースで先週に続き下落 した。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.6%高の

12960.82で引けた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。4月の工業セクターの企業利益の伸びが鈍 化したことや、5月のインフレ率上昇を予想する報道を受けて売りが 優勢になった。上海総合指数は週間ベースで11カ月ぶりの大幅安で 終了した。

鉱業・資源業界向け機器メーカー、中国第一重型機械(601106 CH)は上場来安値。金利上昇が個人消費に打撃を与えるとの懸念か ら小売株も安い。百貨店・スーパー経営の上海友誼集団(600827 CH)が下げを先導した。中国農業銀行(601288 CH)や中国工商銀 行(601398 CH)も軟調。

小型株の指数は過去10営業日で9回目の下落。一方、中国石油 最大手のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は0.8%高。親 会社による持ち株率引き上げが好感された。

精熙投資管理の最高投資責任者(CIO)、王征氏(上海在勤) は「投資家は引き締め措置の行き過ぎを心配している。インフレだけ だった懸念材料に、企業利益拡大や経済成長の鈍化懸念が加わった」 と指摘。「相場の底を探る動きが続いている」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数は7営業日続落し、前日比26.58ポイント(1%) 安の2709.95。今週の騰落率はマイナス5.2%で、昨年7月2日終 了週以来の大幅安となった。

上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比

0.5%安の2963.31。CSI小型株500指数は3.2%安。

【インド株式市況】

インド株式相場は続伸。主要8カ国(G8)首脳会議(サミット) が声明草案で世界経済の勢いが増しつつあるとの見解を示した。これ を手掛かりにアジア株が全般に上昇した。指標のセンセックス30種 株価指数は週間ベースではマイナスとなった。

インド最大のアルミメーカー、ヒンダルコ・インダストリーズは 1年ぶり大幅高。北米部門ノベリスが黒字化したことがきっかけ。M SCIアジア太平洋指数はこの日は0.6%上昇。2日間では先月21 日以降で最大の上げとなった。国内2位の携帯電話サービス企業、リ ライアンス・コミュニケーションズは6.1%の大幅高。

国営のエネルギー探査会社、石油天然ガス公社(ONGC)は続 伸し、この日は3.1%上げた。インド石油・天然ガス省が前日、ディ ーゼル油を値上げする可能性に言及したことが買い材料。値上げされ れば、ONGCの燃料価格を安定させるための補助金負担が減少する。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比221.46ポイ ント(1.2%)高の18266.10と、ここ3週間で最大の値上がり。前 週末比では0.3%下げ、年初来下落率は11%となった。

ヒンダルコ(HNDL IN)は5.9%高の197.55ルピー。リライ アンス(RCOM IN)の終値は85.05ルピー。ONGC(ONGC IN) は3.1%上げ282.95ルピーと、16日以来の高値で引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比23.8ポイント(0.5%)高の

4684.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比8.33ポイント(0.4%)高の

2100.24。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比21.60ポイント(0.3%)高の8810.00。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比11.82ポイント(0.4%)高の3135.52。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比7.75ポイ ント(0.5%)高の1548.69。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比1.55ポイント(0.2%)高の1067.00。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比17.56ポイント(0.5%)高の

3832.38。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比43.95ポイント(1%)高の

4274.51。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE