コンテンツにスキップする

ソニー株が反落、今期純利益は市場予想届かず、目標株価見直しも

ソニーの株価が反落。一時、前日 比75円(3.4%)安の2163円と、今月6日以来3週間ぶりの下落率 を付けている。26日発表の決算で示した今期純利益見通しが800億 円と、市場の事前予想1159億円を下回ったことが弱材料。証券会社 の間では決算発表を受け、目標株価を引き下げる動きが相次いだ。

売買代金は午前10時16分現在で114億円と、上場株式で2位。 日経平均への下落寄与度も2位。今期の純損益は4年ぶり黒字化を見 込むが、これは前期に大きく響いた引当金計上が無くなることが一因。 本業では液晶テレビ事業の赤字脱出の公算が不透明なのに加え、個客 情報流出で打撃を受けたゲーム事業は減益の見込み。

モルガン・スタンレーMUFG証券の小野雅弘アナリストは26 日付のリポートで、26日の説明会では「液晶テレビの営業赤字が前 期の750億円から大幅に減少する裏付けとなる情報開示が乏しかっ た印象が残る」とコメント。同証券としてのソニーの業績予想を下げ、 目標株価も従来から400円安い2700円とした。

合わせて三菱UFJモルガン・スタンレー証券も目標株価を300 円下げて2500円とした。野村証券も3000円から2870円に、JPモ ルガン証券も3400円から3000円へと、それぞれ引き下げた。

--取材協力 安真理子 Editors: Tetsuki Murotani Eijiro Ueno

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

Masahiro Ono

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE