コンテンツにスキップする

ビニスマギ理事:ECBはユーロ加盟国を支援へ、緊縮政策が前提

欧州中央銀行(ECB)のビニ スマギ理事は、ユーロ加盟国で多額の債務を抱える各国政府が緊縮政 策を遂行する限り、政策当局者はこうした諸国の経営に苦しむ銀行を 支援する用意があるとの認識を示した。

ビニスマギ理事は26日、ロンドンでの会議で、ECBは「流動 性を必要としている各国の銀行システムに引き続き支援を提供して い

る」と発言。欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)と合意した プログラムを「こうした諸国が遂行することが、ECBによる支援の 主な前提条件となる」とし、「それに関しては疑いの余地はない」と 述べた。

同理事は、一部の国が依然として「緩慢な」成長にとどまってい ても金利を設定する際は「ユーロ圏の全体像」を考慮に入れなくては ならないと指摘。「財政または他の当局が責務を果たせていない分野 のスラック(たるみ)を金融政策で是正することはできない」とし、 「すべての国にやるべきことがある」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE