コンテンツにスキップする

HSBCやゴールドマン、リビア政府関連資金を管理-英市民団体

英HSBCホールディングスや米 ゴールドマン・サックス・グループなどの銀行が、リビア政府系ファン ドの資金を管理していると、英国の市民団体グローバル・ウィットネス が指摘した。

同団体がウェブサイトに掲載したリビア投資庁(LIA)に関する 資料によれば、昨年6月30日時点でHSBCには10の口座にLIA 資金が2億9270万ドル(約240億円)あり、ゴールドマンは3つの口 座で約4400万ドルを管理していた。LIAの資金に関して両行は確認 を拒否したという。

同資料によると、LIAの総資産は昨年6月末時点で533億ドル と、前四半期から時価総額で4.5%減少した。

グローバル・ウィットネスのディレクター、ガビン・ヘイマン氏は 26日、「この資産はリビア国民のものだ」と述べた。資料については 独自に検証を行い、信ぴょう性に自信があるという。同団体は、各国政 府は銀行や資産運用会社に対し、管理するリビア政府関連資金の情報を 開示させるべきだと訴えている。

ゴールドマンの広報担当、コニー・リン氏(香港在勤)はコメント しなかった。HSBCの広報担当、ビーン・トラン氏(香港在勤)は 26日に電話取材で、守秘義務を理由にコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE