コンテンツにスキップする

フェースブック向けゲームの米ジンガ、来月にIPO届け出か-関係者

米フェースブック向けゲーム制作 最大手、米ジンガが6月末までに新規株式公開(IPO)の届け出を 提出する見通しだと、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。ソー シャルメディアの新興企業株式の人気が高まっている状況を追い風に するという。

同関係者はIPO検討の情報が非公開であることを理由に匿名で、 ジンガがモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス・グループ と接触したとし、アドバイザーとなる複数の銀行を間もなく選定する と述べた。

ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) 最大手、米リンクトインは先週の取引初日に株価がIPO価格の2倍 以上になった。ロシアで最も人気のあるインターネット検索エンジン を提供するヤンデックスの取引初日の株価は、IPO価格を55%上回 って取引を終えた。他のインターネット関連企業も、こうした動きを 受けてIPOの準備を進めている。

音楽ストリーミングサービスの米パンドラ・メディアや、休暇用 の住宅をオンラインで貸し出す米ホームアウェーはIPOの届け出を 提出済み。中国のネット企業クラウダリーも米国でのIPO計画を明 らかにした。

ジンガ広報担当のデニ・デュデック氏とゴールドマン広報のアン ドレア・ラックマン氏、モルガン・スタンレー広報のペン・ペンデル トン氏はいずれもコメントを控えている。

調査会社アップデータ・ドットコムによれば、ジンガのフェース ブックでのMAU(月に1回以上の活動があった利用者数)は2億4780 万人で、2位メーカーの6倍余りに上る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE