コンテンツにスキップする

政府:三井住友ファイナンス&リース石田社長提示-日銀委員

政府は26日午後、議院運営委員会 両院合同代表者会議で、6月中旬に任期切れとなる日本銀行の野田忠 男審議委員の後任として、三井住友ファイナンス&リース社長の石田 浩二氏(63)を起用する国会同意人事を提示した。衆院議院運営委員 会で配布された資料で明らかになった。国会で同意を得られれば、同 社社長を辞職する6月下旬に任命の予定。任期は5年。

日銀の最高意思決定機関である政策委員会は正副総裁3人と6人 の審議委員の計9人で構成される。石田氏が就任すれば、1998年の新 日銀法施行以来、日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ) 出身の武富将氏、東京三菱銀行(現三菱UFJフィナンシャルグルー プ)出身の中原真氏、みずほフィナンシャルグループ出身の野田氏に 続き、4代連続で金融業界出身の審議委員となる。

石田氏は神奈川県出身。東大経済学部卒。70年に住友銀行に入り、 2004年に三井住友フィナンシャルグループ専務、05年に常任監査役を 経て、07年10月に三井住友ファイナンス&リース社長に就任した。

野田委員は就任1年目の2007年1月に須田美矢子前審議委員と ともに利上げを提案したのを皮切りに、リーマン・ブラザーズの破た ん後の08年12月は政策金利の0.1%への引き下げに対し、市場機能 の低下を理由に反対。10年3月には新型オペ(固定金利方式の共通担 保資金供給オペ)の拡大に対して、須田委員とともに反対票を投じた。

--取材協力:広川高史  Editor: Norihiko Kosaka, Hitoshi Sugimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 日高正裕 Masahiro Hidaka +81-3-3279-2894 mhidaka@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Paul Panckhurst +852-2977-6603   ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE