コンテンツにスキップする

NY原油(25日):続伸、留出油の在庫減で-終値101.32ドル

ニューヨーク原油先物相場は続 伸。2週間ぶり高値をつけた。ディーゼル油やヒーティングオイルを 含む留出油の在庫が約2年ぶりの低水準に減少したことを手掛かりに 買いが入った。燃料消費の増加も支援材料。

米エネルギー省によると、留出油は前週比204万バレル減の1 億4110万バレル。燃料需要は10%増の日量398万バレル。ガソリ ン在庫は379万バレル増の2億970万バレルと、2月以来の大幅な 増加となった。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード) のアナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「留出油在庫 の大幅減少を理由にガソリン在庫の大幅増は材料視されていない」と 指摘。「原油相場はレンジ内にあるが、100ドルの完全な上抜けを試 そうとしている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前日 比1.73ドル(1.74%)高の1バレル=101.32ドル。終値として は10日以来の高値となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE