コンテンツにスキップする

OECD:豪州の12年成長率を上方修正-G10通貨国一の高成長に

経済協力開発機構(OECD)は、 オーストラリアの2012年経済成長率見通しを上方修正し、G10通貨 国の中で最も高成長になるとの予想を示した。

OECDは25日公表の報告書で、豪州の輸出収入に触れ、「鉱業 セクターにとって好ましい交易条件が続いている」とし、「失業が減 り、雇用増加と労働所得の拡大に伴い民間消費は段階的に堅調となる だろう」との見方を示した。

OECDは豪経済成長率について、今年1-3月(第1四半期) に自然災害に見舞われたものの11年はプラス2.9%となった後、来 年は4.5%に加速し、07年以来の高成長になると予想している。昨年 11月時点の予測では、今年が3.6%、来年は4%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE