コンテンツにスキップする

竹内製株がストップ高、今期は最終黒字へ-欧米建機市場の回復

ミニショベル国内最大手の竹内製 作所の株価がストップ高(制限値幅いっぱいの上げ)。4月14日の前 期決算発表時に未定としていた今期(2012年2月期)業績予想を24 日に発表。最終損益は黒字浮上を計画したため、業績改善を見込む買 いが膨らんだ。

この日は買い気配で取引を開始、午前9時30分すぎに前日比150 円(18%)高の995円で10万6100株の売買が成立した。その後も断 続的に売買が約定したが、9時36分以降はストップ高買い気配となっ ている。

竹内製が示した12年2月期の連結業績予想によると、最終損益は 6億6000万円の黒字と、前期の13億円の赤字から約20億円改善する 見通し。欧米で景気が緩やかに回復、建設機械の需要増加が見込まれ るとして、売上高を前期比22%増の425億円と計画した。

業績予想の前提となる為替レートは、1米ドル=83円、1英ポン ド=133円、1ユーロ=116円、1人民元=12.6円。中国については、 今後も経済成長が続くものの、金融引き締めの影響を受け、建機市場 は横ばいになると予測した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE