コンテンツにスキップする

プラダ評価額は最大1.3兆円相当も、香港IPO控え-みずほが試算

イタリアの高級ファッション・ ブランド、プラダの企業価値が最大110億ユーロ(約1兆2750億 円)の規模となる可能性がある。プラダが香港で実施する新規株式公 開(IPO)を支援するみずほフィナンシャルグループの試算で明ら かになった。

個人投資家が高級品市場のアジアでの成長を見込む中、香港で6 月にIPOを実施するプラダは、アジアでの資金取り込みを目指して いる。バンカ・フィデュラムの上級ファンドマネジャー、ロレンツ ォ・クリスポルトーニ氏は、100億ユーロを超える評価額は「割高と なる可能性がある」とみている。みずほのアナリストは、プラダの規 模や世界的に高い地位を得ていることから、競合よりも高い評価を得 れるメリットがあると分析した。

IPO計画に詳しい関係者3人によれば、イタリアのインテーザ銀 のほか、クレディ・アグリコル傘下のCLSAアジア・パシフィック・ マーケッツ、ゴールドマン・サックス・グループ、ウニクレディトがI POの共同幹事を務め、みずほと中国工商銀行が販売を支援する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE