コンテンツにスキップする

ドイツ:5月のIfo景況感指数、114.2で変わらず-予想外

ドイツのIfo経済研究所がま とめた5月の独企業景況感指数は予想に反して前月比変わらずとなっ た。輸出が増えたほか、企業支出の増加が景気拡大を支えたことが示 された。

24日発表された5月の独Ifo企業景況感指数は114.2と、前 月から変わらず。ブルームバーグがまとめたエコノミスト24人の予 想中央値では5月は113.7への低下が見込まれていた。

北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のエコノミスト、イエンス・ク ラマー氏(ハノーバー在勤)は、「ドイツ経済の景況感は依然、極め て良好で、輸出と内需を原動力に成長の勢いは広範囲に及んでいる」 と述べ、「勢いが弱まっても、今後数四半期は堅調な成長を見込むこ とができる」と続けた。

5月のIfo現状指数は121.4と4月の121.0から上昇。期待 指数は107.4と、前月の107.7から低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE