コンテンツにスキップする

NATO軍:リビア首都を空爆-カダフィ大佐派部隊への攻撃強化

北大西洋条約機構(NATO)軍 は24日、リビアの首都トリポリの軍事目標に空爆を加えた。NATO は、同国最高指導者カダフィ大佐派の部隊への攻撃を強めている。

NATOはウェブサイトで発表した資料で、精密誘導兵器により車 両保管施設に攻撃を加えたことを明らかにした。NATOは同施設が民 間人への攻撃に利用されていたとしている。

AFP通信はリビア政府のムーサ・イブラヒム報道官の話を基に、 空爆は18回行われ、3人が死亡したと報じた。同通信によれば、今回 の攻撃は、トリポリを標的としたものとしては2カ月前にNATO軍が 空爆を開始して以降で最も激しい。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE