コンテンツにスキップする

政府:福島原発事故調査委を設置-委員長に「失敗学」の畑村氏

政府は24日午前の閣議で、有識者 で構成する「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員 会」の設置を決定した。官邸が文書を配布した。記者会見した仙谷由 人官房副長官によると、委員長には畑村洋太郎東大名誉教授(工学院 大学教授)が就任し、菅直人首相も含めた閣僚の言動も委員会の検証 対象となるという。

仙谷氏は委員会の役割に関し、「国民目線に立って、開かれた中立 的な立場から、徹底的に検証を行い、その結果を国内外に明らかにし ていく必要がある」と指摘。その上で、「事故の検証結果を教訓として 被害の拡大防止のために今後、どのような対策が必要か、再発防止の ためにどのような対策を講じていくのかについて提言してもらう」と 強調した。

委員長に畑村氏を選んだことについて「原発事故当事者との利害 関係がないことを重視した。失敗に学ぶ、同じ愚を繰り返さないため にはどうすればよいかを考える『失敗学』の先駆者、第一人者として も知られており、委員長として最も適任であると考えている」と語っ た。事務局長には検察関係者を充てることも明らかにした。

また、仙谷氏は検証の対象について「東電はじめ関係行政機関や 総理大臣も含めた閣僚の行動も聖域なく対象にして幅広く検証を行っ てもらい、しっかりとした報告をまとめてもらいたい」と語った。

報告書をまとめる時期については中間報告なども含め「適宜適切 に公表されると考えている」との見通しを示した。情報の公開は「速 やかに最大限なされていく」と語った。

財務調査

これに先立ち、海江田万里経済産業相は24日午前の閣議後会見で、 原発事故の賠償に向け、東京電力の財務調査を行う第三者委員会設置 を午後の持ち回り閣議で決定することを明らかにした。

仙谷氏は「東電の財務と経営をしっかりと調査して国民負担を極 小化するという方向での調査委員会に活動を始めてもらうことになる」 と語った。

また、仙谷氏は金融機関や東電の株主による賠償スキームへの協 力の在り方について見解を聞かれ、「賠償債務がどのぐらいになるの か、あるいは福島原発におけるオペレーション費用がどうなるのかに ついて企業会計上、専門家の間でも確たる結論的な話は出ていない」 と指摘。 「そういう場合に株主であれ、金融機関であれすべてのステークホル ダーがどのように考えたらいいのかということはこれからの議論だ」 と述べるにとどめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE