コンテンツにスキップする

債券先物反発、欧州不安や景気懸念で米債高-長期金利は一時1.11%

債券市場で先物相場が反発。欧州 債務危機の深刻化や世界的な景気減速懸念を背景に、前日の米国市場 で債券相場が上昇した地合いを引き継ぎ、買い優勢の展開が続いた。

JPモルガン・アセット・マネジメントの塚谷厳治債券運用部長 は、債券相場について、「景気の先行き不透明感が強い。年初は景気に 強気の見方だったが、東日本大震災が起きて、見通しが狂った。欧州 では再度財政懸念が出ているほか、米国や中国も景気減速が懸念され ている。景気腰折れの公算も大きくなっていると思う」と述べた。

東京先物市場で中心限月6月物は小幅反発。前日比2銭安の140 円77銭で始まり、直後から買いが優勢になると、プラスに転じており、 午前の終値はこの日の高値となる140円92銭だった。午後に入ると 140円80銭台前半にやや上げ幅を縮め、結局は3銭高の140円82銭 で引けた。

ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは、「米国では景況 感改善が一服し、利上げが後ずれしていく可能性が高いとの観測から 金利が低下。欧州では債務懸念が広がり、利上げを継続するのか懐疑 的な見方が強まっている。足元では債券を売る理由がない」と話して いた。

23日の米国債相場は上昇。欧州ソブリン債危機深刻化への懸念や 今週発表される経済統計が景気の弱さを示すという見方が債券買いに つながった。米2年債利回りは年初来の低水準を付けたほか、米10 年債利回りは前営業日比2ベーシスポイント(bp)低下の3.13%程度 となった。

新発10年債利回り一時1.11%

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の314回債利回 りは、前日比変わらずの1.12%で始まり、いったんは前日比0.5bp高 い1.125%を付けた。しかしその後は、買いが優勢となり、一時は1 bp低い1.11%まで低下した。午後2時過ぎから水準を切り上げ、横ば いの1.12%で推移している。

みずほインベスターズ証券の落合昂二チーフマーケットエコノミ ストは、「欧州の財政問題などを背景に、米国では株安・債券高が続い た。世界的にも株式や商品などリスク資産から資金が逃避し始めて、 米国債をはじめ国債市場に流入する傾向がうかがえるなど、円債市場 を取り巻く環境は引き続き追い風」と指摘。一方、「これまでの金利低 下に伴って買い意欲が弱まってきたという側面もある。4月半ば以降 に期初買いに転じた投資家からすると、買い遅れ分がかなり満たされ た可能性もある」とも語った。

長期金利は3営業日連続で1.11%まで低下したが、当面の低下め どとして16日に記録した半年ぶり低水準の1.105%、昨年11月22日 以来の1.1%割れなどが意識されている。ただ、一段の金利低下には 新規材料が必要との声も聞かれた。トヨタアセットマネジメントの深 代潤チーフファンドマネジャーは、「10年債利回りで1%を切る相場 というのは、もう一段新しい材料が出てきて景気悪化にならないと難 しい」と語った。

20年入札接近でも超長期が堅調

超長期債が堅調。今週26日には20年債入札を控えているものの、 買いが優勢で、20年物の126回債利回りは1.5bp低い1.915%まで下 げた。30年物の34回債利回りは一時1bp低い2.04%を付けた。ドイ ツ証の山下氏は、「20年債入札を前に調整しなければいけないのが、 意識が変わって、入札後も金利が上昇しづらいとの見方になっている」 と説明した。

財務省がこの日実施した国債の流動性供給(第94回、3000億円) の入札結果は、公社債店頭売買参考平均値と比較した最大利回り較差 がマイナス0.015%、平均利回り較差はマイナス0.017%となった。対 象銘柄は10年国債の282回-311回債、20年国債の61回-90回債。

SMBC日興証券の山田聡チーフクオンツアナリストは、「残存6 -7年ゾーンに応札が入ったのではないか。応札倍率や最低落札価格 などを見ると、実勢よりも強い結果となった」と述べた。

また、5年物の96回債利回りは一時0.5bp低い0.41%に低下し た。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊債券ストラテジ ストは、「西村清彦副総裁が買い入れ基金の増額提案を取り下げたが、 市場では日銀の次の一手は緩和という見方がコンセンサス」だと言う。

--取材協力:赤間信行、野原良明、船曳三郎 Editors:Hidenori Yamanaka,Joji Mochida

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE